yumeka

TALK ABOUT : Vogue “Without” Dance

In Music on 2015/06/06 at 8:00 am

 

ゲイカルチャーというアイデンティティが置き去りにされ

ビートフォーマットだけが残ったVogueMusicの今までとこれから

 

今年に入ってVogueトラックが入ったmixを多く聞くようになってきた。

だが、ゲイカルチャーの影響はなくトラック自体の面白さが際立ってきている。

この、Ballroomシーンを置き去りにしたVogueの広がりを取り上げていこう。

MikeQ & Sinjin Hawke – ThunderScan

 

今回はRinseFMの毎週のRoskaの番組や、L-Vis1990mix等々で聞けるGrime x Vogueなトラックやインターネット上で産まれるVogueトラックを主題に、Vogue側からのクラブミュージックへの接近やVogueダンスの抽出等々Dommuneでは語りきれなかった事を書いていきたいと思う。

Vogueとは?という方にはの紹介記事TALK ABOUT : The Edge of “VOGUE HOUSE へ。この記事にも被る内容はあるがVogueがどういうものかご理解いただけるだろう。

赤文字はリンクです、レーベル、資料などへ。

 

 

Dance “Without” Vogue

 

 

最近、Vogueがもつ極端な女性性の誇張、ダンススタイル、セクシャリティという要素を切り離し、よりビートを強調したサウンドが増えている。Baltimore,JerseyClub,そしてVogueというハネたビートを洗練させたようなトラックだ。

従来のいわゆるVogueBeats(HA Beatzとも)と違うところはVogueダンスのためのビートではなくトラック単体として成り立っている、というところだ。

どんなものかは現行のDJ達が残しているmixでどのように使われているかを実際に聞いていただくのが早いだろう。

日本でもDJユニット国士無双、DJ RSなど、多くのDJVogueサウンドをツールとしてmixしているのを耳にする。このようにゲイカルチャーとは切り離されたところでVogueが派生し続けている。

 

前回の記事でゲイカルチャーの音楽をMikeQBassMusicへと昇華させた話はしたが、そのリリースを他のトラックメイカーがどう受け取ったかは差異があるようだ。多くのプロデューサーはJersyClub,BaltimoreClubと並ぶハウス・ミュージックがルーツのストリート要素のある変則ビートの一部として扱っており様々なトラックが生み出されている。

MikeQのリリース後の2011年前後のトラックを列挙してみよう。

チャラい。4拍目にVogueHitそしてJerseyClubBedSqueak音を入れ良い水準のBassHouseに仕上がっている。変則的なHouseをリリースするOrigamiSoundから

インターネット上の得体の知れないトラックメイカーPoorSportFadeToMind/NightSlugs直系のサウンド

こちらはGhettoHouse/Jukeをメインに作るSupramanVogue解釈

Rushmoreは多くのVogueトラックをBallroomMC等と共作しているがこちらは彼がVogueトラックを作り始めた初期のトラック。シンプル。

このリリースにも触れておこう。オンラインアンダーグラウンドの雄として度々引き合いに出されるBenAquaのレーベル#FEELINGSからのリリース

 

このようにVogueを活用したトラックは増え続けている。2012年にはClekClekBoomからFrenchFriesJeanNiponを筆頭に多くのUK FunkyともVogueともつかないサウンドがリリースされておりその後のBassMusicへ大きな影響を及ぼした。またオリジナルだけではなくVogueに興味を持ち始めたプロデューサー達はRemixのフォーマットとしても活用されている。

 

 

おおまかに分けて、トラック/アーティストの方向性は3つあり、BassMusic勢(特にGrimyなサウンド)、Vogue/Ballroomカルチャーの人々、そしてインターネットを介したその中間だ。今回はBallroomカルチャーの人々によるトラック(いわゆるHA Beatz)は省くが興味があったら調べてみて欲しい。

GrandivaaによるJamCityのアンセムリミックス。2012年から急速に勢力を拡大するレーベルB.YRSLF Divisionから

良作オリジナルやHiphopVogueリミックスを手がけるFobaの言わずと知れたDisclosureLatchのリミックス。

日本のPopグループfhánaによるアニソンをSugar’sCampaignとしても活躍するプロデューサーAvecAvec公式リミックス

EDMB-MoreVogueを組み合わせたトラックを多くリリースするAstronomarによるラガネタEDMリミックス、MainCourseから

Nobel – MyReactionEPのリミックスEPに収録。リミキサーは他にもWZ GrimeBad Mojo等新鋭プロデューサー達の意欲作である。

日本のラッパーJinmenusagiがラップをするこの曲は盛岡のプロデューサーDubbyMapleが作っており、Cuntとも違うノリ方でVogueトラックを乗りこなす


レーベル単位で言えばUKBassシーンを主にVogueルーツを感じさせるトラックがリリースの多くを占めているレーベルも存在する。

Tessier-Ashpool RecsMachineMusicを標榜しGrimeともVogueともUK Funkyともつかないトラックをリリースし続けている今年注目のレーベル。


ClubwerkOrigamiSoundのサブレーベル的位置にある。Vogueビートに忠実なのだがVogueに由来する声ネタはほぼ使わずインダストリアルな世界観を貫いている。


CarClashSetBass系のレーベルだがVogue/B-more/Jersey系のリリースの質が良く好調なレーベルの一つだ。


TraxCoutureAirMax’97を筆頭に変則BassをリリースするRushmore主体のレーベル。UKでのレーベルパーティHouse of Traxが有名。


WidadRecordsB.YRSLF Divisonの姉妹レーベル。ビーツ系からVogueまで多彩にリリースしている。

 

 

そしてインターネットを介したその中間、と述べたようにUK BassをメインにVogueが派生していることもあり最近ではGrime勢とVogue勢の交流も盛んである。Grime/UK Funkyの詰め込んだような激しいパターンとその合間の隙がVogueと相性がいいのかもしれない。

ResidentAdvisorのレビューでも高評価を得たこのトラックGrimeプロデューサーGageVogueコメンテーターKevin Jz Prodigyとの共作だ。激しいGrimeに乗せてBallroomのバトルでMCしているかのようにGrimeビートをアップデートしている。

Grimyなビートを作っていたKruegerは徐々にJerseyからVogue周辺ビートへ。

Rushmoreは同じくVogueコメンテーター/プロデューサーのDivoli S’vereと共に。

VogueBeatzプロデューサーByrell The GreatによるCAKES DA KILLAのトラック

 

このようにVogue側からのアプローチも多く、こうして出来たトラックを逆輸入的にVogueダンサーが踊るパターンも存在する。勿論ひとり歩きしていったVogueサウンドでは拍が取りづらいこともあってイマイチ踊りにくいようだが、概ね友好的に迎えられている。またFactmagThe FADERThumpなど海外オンライン・メディアでもVogueの音楽について言及した記事が増えており、関心度が高いことが伺える。

Vogueからダンススタイルだけの抽出という現象もまた最近顕著になって来ている。以前はJPopPerfumeを筆頭にPV上でのダンスに取り入れられてきたが、FKA Twigsの登場やayabambiの存在などによりダンスそのものも注目を浴びている。Vogue Is Not For You: Deciding Whom We Give Our Art Toとタイトルの付いたブログが物議を醸したりもしてるが下の動画を見る限り大丈夫だろう。

FKA Twigsのショーケースの後にVogueダンサーのレジェンド達が続々と踊りだす 

Vogueカルチャー・ミュージックはNightSlugs/FadeToMindがDatOvenのIcyLakeを”再発見”したことやそれを受けてのVogue系ビートのリリース、Rinse/オンラインへの拡散、同時期に流行していたBaltimore,Jerseyとの合流を経て、Bassミュージックと混ざり合った。

Vogue/Ballroomの元々のプロデューサーやダンサー達、Ballroomカルチャーを置き去りにしたプロデューサー達、そしてGrimeやオンラインを介して交流を続ける人々。大きく3つに分けられたこのシーンの拡散・派生はビートの多様性やVogueダンスを象徴として付かず離れずまだまだ続くだろう。この流れを周辺ジャンルを追いながら楽しみにしていきたい。また何かコメントがあればTwitterまで寄せて欲しい。

 

Mike QはWasabeatのインタビューでこう語っている。

ただ全員が本当にVogueを作っているとは言えない。影響を受けたり作ろうとしているだけ。でもこれは悪いことではない。

なぜなら僕はシーンの外にいる人の音を聴くのが好きだから。難しいけどそういう音をBallroomに当てはめてみると面白い。

なんにしても僕の音楽を聴いてくれている人達には本当に感謝しているし、そのまま自分の作りたい音を作っていって欲しい。

TALK ABOUT : The Edge of “VOGUE HOUSE”

In Music on 2014/03/23 at 9:45 pm

 

空間を裂く特徴的なスネアとハネたビート

そしてゲイカルチャーを匂わせるサウンド。

 

USのゲイカルチャーにルーツを持つ”VogueHouse”が2011年頃から音を先鋭化させ、

ベースミュージックとその周辺へと、50年の時を越え影響力を拡大させている。

 

TALK ABOUT : The Edge of  “VOGUE HOUSE”

今回は先日来日していたIkonikaが原宿でスピンするなど、再び注目され始めているVogue House (ヴォーグ ハウス)の先っちょをまとめていきます。歴史が長い分、冗長になってしまうのを極力避けましたのでどうぞよろしく。

赤文字はリンクです、レーベル、資料などへ。

追記 Vogueのトップアーティスト、MikeQのインタビューをWasabeatでさせて頂きました、どうぞ
http://www.wasabeat.jp/news/303-mikeq-interview
追記2 VogueとBassのミックスを録りました。聞いてね!


 

 

 

VogueHouseを説明するにはVogue/Ballroomカルチャーから説明しないといけないのですが、一口にVogueというにはVogue/Ballroomカルチャーは歴史が長く馴染みの無い人にはとっつきにくく、よくわからない場合もあるかと思います。なので簡単に現在までのVogueの解説をしてからVogue Houseの話をしたいと思います。

Vogueは大体1960年代から、アメリカ、黒人のゲイコミュニティを発端として1970年代に確立されたダンススタイル。ここらへんのクィア、LGBTコミュニティとダンスミュージックの関係性の話はとっても面白いんだけど長くなってしまうので今回は省略。

VogueとBallroomカルチャーに関して詳しくは

など、ヴォーギング / カルチャーとかで調べると日本語記事結構ヒットしますのでそちらまで。

さて、ダンスの要点は女性の動きの美しさ、妖艶さ、上品さ、などを表現し競う事で、ダンサーはHouseと呼ばれるダンスグループに分かれ所属している(ex:House of XXX等)これはセクシャルマイノリティであることで行き場を失っていた時代のBallroomカルチャーに由来するらしくトップはFather/Mother何々と名乗り/呼ばれ、昔は家族同然の付き合いをすることもあった。

Vogueing(Vogue danceすること)は主に3つのスタイルに分かれる。

オールドウェイ

~1980までのシンメトリー、上品さ、精度を特徴とする

ニューウェイ

90年代のスタイルで幾何学的ダンスパターン(クリック)、手首と手先の動きの速さと精度(アームズコントロール)を特徴とする。ちょうど90年、マドンナの曲、’Vogue’のPVにHouse of Ninjaのレジェンド、故 Wiili Ninjaがバックダンサーとして参加しVogueingは一躍、大衆化した。

Madonna – Vogue

Malcolm Mclaren – Deep in vogue

ヴォーグフェム

95年~女性の動きの誇張され、バレエ、ブレイクダンス、モダンダンスに影響を受け手/キャットウォーク/ダックウォーク/ディップフロア/パフォーマンスの要素からなっている。

さらにドラマティックソフト&カントに分れる(ヴォーグフェム-ドラマティックが現在主流の模様)

4拍目の特徴的なスネアに合わせスピンしフロアにダンサーが倒れるのに合わせて観客も腕を振り下ろすのが楽しそう

昔からクラブで車座になったりランウェイを設置したり広い場所を借りたりして披露/コンテストそしてバトルがある。

この際MCがいるが、ダンサーが踊っている間はChant/Cunt(チャント/カント)という特徴的な掛け声でリズムを取っている。(なんかみんなカキクケコとかチャチチュチェチョらへんが好きっぽい、あとビッチ)

スクリーンショット 2014-03-23 12.42.52

音楽の話に戻ろう、VogueHouseにはクラシックスが何枚かあり、Ballroomシーンに受け入れられてきたサウンドである。

Masters at Work – The Ha Dance(1991)

Armin van Helden – Witch Doctor(1994)

E.G. Fullalove – Didn’t I Know (Divas To The Dancefloor…Please) (1995)

Robbie Tronco – ‎ Walk 4 Me (1995)

MAWのThe Ha Danceのサンプリングは今でも使われておりこれがVogueHouseを象徴する曲とも言える。土着的なChantとそれに合わさるシンセ、特に特徴的なスネアはどのVogueHouseにも入っていると言っても過言ではない。ここから11年までのVogue資料が見つからなく動画をみるくらいしかできなかったのだがそれまではVogueクラシックスやゲイ受けするハウスも流れていた模様だ。

特にMFSBのLove Is The MessageのブレークスはVogueに向いているブレークスで踊りやすい。最近ではサンプリングされる事はないがビートをコピーしたのは未だに耳にすることもある。

MFSB – Love Is The Message(1974)

上記のヴォーグ-オールドウェイのヴォーギング動画でも使われているのがわかりやすいだろうか

また、時のヒット曲やBallroomカルチャーに受け入れられる曲をサンプリングして曲を作る事がVogueHouseもしくはHa Tracksと呼ばれるようになって行く。(ここらへんはJuke/Footworkと似たような感じかな)また、ビートを作りCuntを乗せる事をVogueBeatzもしくは単にBeatzと呼んでいるようだ。

Father Tony (Ace) Louboutin – ThunderCat ha!

どうやらHOUSEの人もトラックを作るみたい

さてやっと本題、

そして2011年、FadeToMindからリリースされたMikeQ の The Master Blaster、そしてアルバムに収録されているThe Ha Dub Rewerk’dが昨今のVogueHouseのアイコン、ベースミュージックへの架け橋とも言える曲である。

MikeQ – The Ha Dub Rewerk’d

言わずもがなMAWのThe Ha Danceだが見事に今のサウンドになっている

MikeQがEP Let It All OutをリリースしたことによりVogueHouseのアーティスト、トラックメイカーに注目が集まったり、フォロワーが出てくるようになった。それにはRinseFMMadDecentがベースミュージックと共にVogueHouseをかけたりリリースしている役割が大きく、ベースミュージック界隈からVogueを盛り上げている。

新しいVogueHouseのオリジネーターと言える主なアーティストはMikeQVjuan AllureBokBokFrench FriesKingdomといったところだろうか。VjuanはハウスミュージックからVogueを主とするベテランDJ,アーティスト、BokBokは言わずと知れたレーベルNightSlugsのボス、L-Vis1990じゃない方である。

Kingdom – Stalker Ha

この不穏なトラック、フロアで聞いたことある方もいるのでは。NightSlugsよりリリース

Parris Mitchell – All Night Long feat. Reggie Hall (Bok Bok Remix)

動画はTHE BOOMCAST #30 • ClekClekBoom Fam B2B Specialより、トラックはWickedBassRecよりリリース

Vjuan Allure – Kid Conga (Rebounced) feat. Daniel Haaksman & MC Miltinho

Maddecent/Jefree’sよりリリースのアルバムVJUANAGEより。ところで、彼のwebサイトはとても見づらい。

Jay Z – Picasso Baby (MikeQ & J Heat Remix)

JerseyトラックBBMG Anthemで話題をさらったMoveltraxxの#DMP6よりB-moreとVogueの中間らへんのトラック

French Fries – Yo Vogue (House edit)

ミニマル系VogueHouseトラック、ベースミュージックとしてはインダストリアルベース系か。DirtyBirdから

Piri Piri – Quest (Neana Remix)

Jersey,B-more,Vogue,Techno,Houseで沸かせたBoilerRoomでのプレイも記憶に新しいNeanaのトラック

FACT TV: Mumdance 909 & sampler live set and studio tour

冒頭の909とオクタトラックによるヴォーグハウスがとても格好良い

今のトラック達はThe Ha~から比べると4拍目から裏拍に重点を置くサウンドも感じられたり、BaltimoreClubとJerseyClubとの相互の影響が感じられるサウンドも多く、何の気なしに耳にしている方も多いのではないでしょうか。ベースミュージックからといえば、BlockFMのHyperJuiceの番組、HypeMeRadioでもVogueHouseがさらっとかかっていたっけ 。春にはVjuanAllureが来日するみたいですし今後とも楽しみです。

この他にもテクノ系やちゃら目のハウス等Vogueサウンドが広がっていて、ハウスミュージックの系譜からBallroomカルチャーを通してベースミュージックへの接近は中々面白いんじゃないか、と思っています。
その他情報はDubspotのMikeQへのインタビュー、Vogueingのドキュメンタリーが英語わからなくても映像的に見てて面白いんじゃないかなーと、オススメです。

NYC Vignettes: VOGUE: A Twist On The Dance Floor

高画質版のオリジナルはVimeoに。動きの美しさと肉体美がいい感じです。

MikeQ (Qween Beat / Fade To Mind)@Dubspot ‘Wireless’ Interview: Influences, Ballroom, Vogue-House

2011年やそれ以前のBallroomカルチャーから追ってる人には遅すぎる話題でしたが、今のベースキッズ/ヘッズには面白い(僕がそうです)と思います、いかがでしょうか。有名どこ多すぎたかな。

何かコメントとかツッコミとか感想とかあったらお気軽に僕までTw:ymk_ah

やっぱ最後はこの曲で

では。Vjuanと同じネットラジオでDJをしていに感謝しつつ

TALK ABOUT: South African House (Kwaito – Deephouse)

In Music on 2013/08/20 at 1:56 pm

TALK ABOUT : South African House (Kwaito – Deephouse)

ResidentAdviserのRealSceneシリーズのヨハネスブルグを見てからいつかまとめなきゃなーと思っていたら結局半年以上経ってしまった。

赤文字はリンクです、サンクラ調子悪いっぽいので曲名にサンクラリンク貼りました

今回は日本には殆ど入ってこない、南アフリカ、ヨハネスブルグを中心に盛り上がり続けているディープハウスシーンをReal Scenes: Johannesburgを元に辿ってみた。まずはそのビデオを。

南アフリカのハウスの特徴としてはアフリカらしいパーカッション、アフリカンボイスのサンプリング/ヴォーカル、そしてある種懐かしいとも言えるDeepHouseらしいハウスのグルーヴだ。(一時期のAtjazz周辺にも似てる気がする)

主だったレーベルの成立年や曲を見ていくに南アフリカハウスシーンは2000年かそれ以前にはじまり(それまではディスコサウンドや欧米のクラブミュージックががあったことがBMG Records AfricaやSoul CandiRecのディスコグラフィーから伺える)その後、現在のディープハウスシーンが醸成されていったと思われる。

一方クワイト(Kwaito)はスローなディープハウスのビートにゆったり目なラップを乗せた音楽。アパルトヘイト以後の音楽だけあってレベルミュージック的側面はあまりない模様。もちろんヒップホップビートやレゲェビートもあるがほとんどのサウンドはディープハウスメインに思える。

クワイトの起こりについてはこちらのページが詳しい様だ

<<< SOUTH AFRICAN HIP HOP : KWAITO >>>

TKZee – Dlala Mapantsula(1998)

クワイトと南アのディープハウスとを分けて語るのはジャンルの上では正しいのだろうが、クワイトとディープハウスを一緒にリリースしていたりしていてレーベルで語るのは難しそうだ。

どちらもメインレーベルの一つKalawa Jazmee Recordsのリリース

Trompies – Sigiya Ngengoma (不明)

Oskido ft Candy & Mabhiza – Tsa Mandebele (2012)

さて、南アフリカのディープハウスシーンには2大TopDJがいる、二人を紹介して曲とレーベルの紹介をしていこう。

上にも貼ったOskidoと片腕だけでDJをするBlackCoffeeというDJだ。

OskidoはDJmixのリリースが多く、若手アーティストを支援するプロジェクトを立ち上げたりとジャイルス・ピーターソンばりに有名人のようだ、いや知らんけど。Kalawea Jazmee所属。

BlackCoffeeは片腕でもシーンで成り上がれることを証明したDJでスラムの若者たちからの支持も厚い。メロディアスなトラックが多い。Soulistic Music所属。

Black Coffee Feat Kenny Bobien – Keep On Moving (2013)

House Afrika Records

所属DJはTimWhite,VinnyDaVinci等、コンピレーションやキレイ目なハウスをリリース

[soundcloud url=”http://api.soundcloud.com/tracks/102081667&#8243; params=”” width=” 100%” height=”166″ iframe=”true” /]

Tim White – House Afrika Is A Feeling Mix

Nastee Nev feat. Donald Sheffey – Let Go (2013)

Phezulu Records

ファンク系トラックの上手いMbusoのレーベル

Soul Candi Records

南アフリカで一番大きいと思われるレーベル。初期はヨーロッパ系クラブミュージックの輸入から多岐に渡る。南アフリカディープハウスの色が一番濃いのではないだろうか。

CUEBUR & DJ SHIMZA – 8 Bars (2012) 南アフリカディープハウスらしい一曲

DJ Mbuso – Mbuso’s Revenge (2013)

JULLIAN GOMES FT BOBBY – Love Song 28 (2012) これは現地でもアンセムでは?気持ちいいNuJazzの匂いもするトラック

Soulistic Music

大御所BlackCoffeeと新鋭Culoe De Songのリリースが好調、設立年不明

Black Coffee ft Tortured Soul – I know Whats on Your mind (2012)

[soundcloud url=”http://soundcloud.com/soulisticmusic/culoe-de-song-ft-soulstar-my&#8221; params=”” width=” 100%” height=”166″ iframe=”true” /]

Culoe De Song Feat – Soulstar My Sunshine (2013) Soulstarも若手プロデューサーである。&Culoe De Songの日本語インタビューを発見(1twoone2.com)

Infinite Entertainment

Infinite Boys Feat Coco – Teka Teka (2012) Infinite BoysはBeatport等で手に入る

Universal Music (South Africa)

Black Motion – Bhana Shilolo  Oskidoに見出された若手の2人組

Atjazz Record Company

Atjazz & Jullian Gomes – Overshadowed  Jullian Gomesは南アフリカの若手プロデューサーの一人で南アフリカだけでなくAtjazzRecにも見出された。来日でDJもしていた。

主要なレーベルはこんなところだろうか?僕自身ここまで書いておいてあまりシーンを把握できた気がしないのだがこの2つのmixはこのシーンを理解するために重要だろう。

[soundcloud url=”http://api.soundcloud.com/tracks/101492058&#8243; params=”” width=” 100%” height=”166″ iframe=”true” /]

南アフリカ在住の’外国人’DJ、Dino Moranによるmix。彼はBBC Radio1やイビザでなど南アフリカを中心に活動

RA.371 Black Coffee RAでダウンロードできるBlackCoffeeのmix

相変わらず日本にはアナログは入ってきづらいしデジタルでのリリース情報もSoundCloudで逐一Snippedがアップロードされるわけでもないがこの様になかなかおもしろいシーンで今後さらに注目せざるを得なくなっていく(といいな)

個人的にはこのシーン、サウンドがにてるせいかNu-Jazzのシーンの懐かしさがこみ上げてきてすごく親しみやすかった特にShazzとかあのへん。もちろんプロデューサーたちがそこも通ってるんだろうけども。(あ、あと10月24日(木)代官山UNIT下のSALOONで何かする事になったのでよろしくお願いします)

ここが違う、この曲を載せろ等は tw:@ymk_ahまでお気軽に

では

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.